心も賃貸も新しくスタートしよう!

不動産会社の賃貸物件情報

賃貸など住まいを探す時に不動産会社を利用する方が多いのではないでしょうか。不動産会社へ行くと、家に関する色々な情報を教えてくれます。

例えば、賃貸物件の空き状況や間取りの説明、周辺地域の情報なども教えてくれます。自分の希望を伝えればそれに一致する物件を探してくれます。

もし、住みたい物件があれば一緒にその物件の部屋の中を見学に行くこともできます。大家さんと直接契約するのではなく、不動産会社が仲介して契約してくれるので、交渉や手続きがスムーズにできるのではないでしょうか。

地域の不動産会社や大手の不動産会社がありますので、利用しやすい不動産会社を選びましょう。

友人とシェアできる不動産

家族であればいいですが、友人とシェアできる不動産というのはあまり多くはないそうです。

というのも一人が退去した時にもう一人が家賃を負担しないといけなくなってしまう事もあり、退去したくない人まで退去しないといけないという事も考えられます。家賃の事でトラブルになりやすいという点から、友人とのシェアを断られてしまうという可能性もあります。

どうしてもシェアしたいのであれば、シェア向けに作られている不動産を探すなどするといいでしょう。

シェアハウスに入居するという方法もあります。シェアする場合には家賃の支払いやプライバシーの確保についてよく考えて物件を見つけたいですね。

新築の不動産購入

新築の不動産を購入したばかりの頃というのは、特に手入れをしなくても十分快適に過ごす事ができますが、何十年も利用する物ですので、次第に古くなり設備に問題が出てきたりする事もあるかと思います。

不動産を購入して持ち家であるのなら、やはり自らの手で修繕していかないといけません。中古の不動産を購入した場合には、すでにかなりの時間が経ってしまっている場合も多く、修繕箇所も増えてしまうという事も考えられます。

一か所の修繕で100万円を超える様な大きな修繕をしないといけない事も場合によっては考えられますので、ローンをすべて払いきった古い物件であってもお金がかかる事も多いかと思います。

不動産を見学する

手元にある資料を見ただけでいきなり不動産物件の入居を決定するのではなくて、まずは、見学してから決定する事が多いでしょう。その際に持って行くと便利な物がある様です。

いくつかありますが、その一つにビー玉があります。なぜ、不動産物件を見学する時にビー玉が必要かと言えば、古い物件であれば、建物自体が傾いてしまっている可能性もあります。

微妙な傾きであれば、分からない事もありますので、ビー玉を転がす事で水平であるかどうかという事を確認する事ができます。

特に力を加えている分けではないのに、ビー玉が遠くに行ってしまう様な事があれば、傾いている可能性があるという事になります。
これは、誰でも簡単に試せる方法ですね。