心も賃貸も新しくスタートしよう!

レンタルオフィスの選び方

レンタルオフィスを選ぶ基準を説明します。敷金、礼金、仲介料、管理費、更新料、解約費すべて無料、月々の家賃も低く、連帯保証人が不要、オフィス家具付きで経費が削減できる、契約したらすぐに仕事ができる、高速インターネットが無料、法人登記が可能などあげられます。

また、広々としたメインオフィスや、2・3名のスタッフで仕事ができるグループワークのタイプ、少人数にも対応できる1名用の部屋なども人気があります。オフィスをより快適にする設備として、応接室、喫煙ルーム、販売機などのアメニティがあるのも、おすすめです。

フリーランスや起業したばかりの方に便利なレンタルオフィス

フリーランスの方やまだ創業したばかりで従業員がおらず、賃貸オフィスを借りる程の事業規模ではないけれど、自宅で仕事をするには集中できなかったり職場としてふさわしい環境ではないという方も少なくありません。そのような方にとってメリットが多いサービスがレンタルオフィスです。

まず、レンタルオフィスは都心の良い立地であることが多く、会議室に関しても完備されている施設が多いので自宅にお客様をお招きすることが出来なくても、オフィスの会議室で商談を行うことが出来ます。また、インターネットの接続環境や電話なども利用することができる施設が多いので、煩わしい電話やネットの手続きなしにすぐに仕事を始められます。

時間貸しレンタルオフィスの可能性

最近になって広く知られるようになったレンタルオフィスですが、イメージとしては個人事業主や若い起業家がオフィスとして利用しているイメージです。

そのような利用法が大半でありますが、実は時間貸しをしているオフィスもありますので、空いた時間に気軽に利用したりすることができます。

時間貸しだと勿体無いようなイメージもあるかも知れませんが、オフィスという特徴でありますので、作業効率が格段に上がり時間を有効に使用できるようになります。このほかにもさまざまな利用法ができますので、空いた時間を有効活用してみてはいかがでしょうか。

レンタルオフィスを使う時の難しさ

とにかく仕事をする時間を確保したい、そして仕事に専念して安定感を出したいと思っている場合でも、レンタルオフィスを使うのは難しいのです。

最大の理由は、料金の問題が起こりやすいのです。料金は指定されている金額を払えばいいですが、この金額が結構高く、月額の利用でもそれなりに取られてしまいます。様々な支払いをしていくと、かなり多くの負担になってしまいますが、それでも仕事のできる場所を作るなら仕方ありません。

レンタルオフィスを使う場合は、毎月の料金をしっかりと計算して、支払える範囲で考えていくのが望ましいでしょう。

サービスの利便性が高いレンタルオフィス

東京や大阪だけでなく、全国各地で増加傾向にあるレンタルオフィスの存在は、これから起業しようと考えている人にとっての拠点として、また場所を問わずに仕事を進められるフリーランスの方などにとって、幅広く役立てられています。

机や椅子だけでなく、電話やFAX、インターネット環境など、ビジネスに必須となる設備環境が充実しているだけでなく、電話受付や郵便物の受け取りなどのオプションサービスが整えられていることもあります。

また、周辺環境や駐車場の有無など、目的に応じてオフィスを選ぶこともでき、効率よく利用することができます。

レンタルオフィスで使えるもの

レンタルオフィスには一体どのような設備があるのでしょうか?細かな設備についてはどういったレンタルオフィスを利用するのかによっても異なってくるのですが、大体の場所にあるのはデスクと椅子です。

よく一般企業の部屋に置いてあるようなデスクや椅子は元から設置されているので新たに自分で購入する必要がありません。また少し使用料は高くなるかもしれませんが、コピー機や複合機、スキャナーなどの設備がある所もありますし、プロジェクターの貸出をしているような所もあります。施設が優れている所に至っては食堂や自動販売機があるような所もあります。