心も賃貸も新しくスタートしよう!

結婚指輪、ウェディング

結婚式における結婚指輪交換の流れ

まず、結婚式における結婚指輪を交換するシーンにおいてですが、交換する指輪はチャペルなどでは神父さんが持ってきます。

そして、他のスタイルの結婚式においても結婚する者が自分で結婚指輪を持ってくると言う事はなく、神主や僧侶が持ってきます。結婚する者同士が互いに向き合います。ブーケや手袋など邪魔になる者は預けます。

最初は新郎が指輪を受け取り新婦の左手の薬指にはめます。次は新婦が指輪を受け取って新郎の左手の薬指にはめます。

二人の指輪を交換する事ができれば、神父の方を向いて終わりです。

たったこれだけの儀式で、短時間の間に終わってしまいますが、その意味合いは、他にはない大きなものであると言えるのではないでしょうか。