心も賃貸も新しくスタートしよう!

賃貸マンション

レンタルオフィス情報ページ

不動産

お気に入り

賃貸マンションや不動産での悩み事はまずはお近くの全日本不動産協会加盟店にご相談ください。

賃貸事務所、レンタルオフィスには専門の不動産業者がいます。

大阪、梅田のNEW賃貸TOP > 賃貸事務所 > レンタルオフィス > 24時間レンタルオフィス > レンタルオフィス大阪

レンタルオフィス大阪の目次

  1. 商売を左右する貸事務所やレンタルオフィス
  2. レンタルオフィスを借りる際は、入居審査や保証人が必要
  3. レンタルオフィスのスペース
  4. レンタルオフィスの活用例について
  5. 初期費用を不要とするレンタルオフィス
  6. レンタルオフィスのインターネット回線契約について
  7. レンタルオフィスを借りるメリット
  8. レンタルオフィスの期間はどれくらいなのか
  9. 上手く活用できるレンタルオフィス
  10. レンタルオフィスは現代的
  11. 低コストで起業するにはレンタルオフィス
  12. 起業家に最適なレンタルオフィス
  13. 新型コロナウイルスで自粛でも大阪でレンタルオフィスを借りる

商売を左右する貸事務所やレンタルオフィス

レンタルオフィスなら大阪駅徒歩3分・電話代行・貸し会議室【アーバンオフィス】大阪、梅田、北浜、淀屋橋

株式会社アーバン

アーバンオフィス梅田:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3号 大阪駅前第3ビル25階

JR「大阪」駅徒歩約3分、大阪メトロ四ツ橋線「西梅田」徒歩約10分、大阪メトロ御堂筋線「梅田」徒歩約5分、

アーバンオフィス北浜:〒541-0045 大阪府大阪市中央区道修町2丁目1番10号 T・M・B道修町ビル3階

大阪メトロ堺筋線「北浜」駅徒歩約2分

アーバンオフィス御堂筋:〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町3丁目5番13号 創建御堂筋ビル2階

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」「本町」駅徒歩約3分

TEL:06-6344-9666(代)

https://www.urban-office.jp/ 【HP】

貸事務所やレンタルオフィスとは事務所を貸すこと、借りることですが、その広さや価格はピンキリです。

住宅を借りる場合と貸事務所やレンタルオフィスを借りるというのは基本的に同じですが、住居としての用途を備えていませんので、洗面がない、浴室がないというのが普通です。

最近はデザイナーズとしていろいろな変わった貸事務所やレンタルオフィスがありますが、まだまだ珍しいと言えます。

レンタルオフィスを選ぶ際に重視したい事は何でしょうか。

レンタルオフィスはオフィスに必要な機能や設備がしっかり整っている事が多いため、機能面においては問題ないことがほとんどでしょう。

しかし、個室に分かれているタイプと一つの部屋を共同で利用するタイプがあります。そのため、プライバシーを考慮する必要があるでしょう。

また、通勤やクライアントの企業との距離などを考慮した立地条件は非常に大切と言えるのではないでしょうか。

立地条件は信用問題に関係することもありますね。

大阪市にあるレンタルオフィスについて。

レンタルオフィスを借りる際は、入居審査や保証人が必要

小規模企業やベンチャー企業の社長さんにおすすめなのが、レンタルオフィスです。

ある一定の期間のみオフィスを利用したい人や気軽にビジネスを始めたい人にとってレンタルオフィスは非常に便利と言えるでしょう。

SOHOなどで賃貸マンションをオフィスとして利用している人も少なくないようです。

レンタルオフィスを借りることで、名刺に住所も書くことができるため、お客様の安心と信頼を高めることができるでしょう。

レンタルオフィスを借りる際は、入居審査や保証人が必要の場合があります。

また、契約期間や設備の内容、共同スペースの有無、交通の利便性や立地条件なども事前に確認することが必要です。いくつかのレンタルオフィスを比較して、事業にあったプランを探すと良いでしょう。

おすすめ情報

おすすめの賃貸マンションに関する情報をご紹介。

関連ページ


レンタルオフィスのスペース

会社を経営していると、規模をもっと大きくしたいという事もあるでしょう。

会社の規模が大きくなるともっと大きなオフィスが必要になる事もあります。
多くの社員を雇う場合なら、それだけの社員が十分に仕事をすることができるだけのスペースのオフィスが必要になってきます。

レンタルオフィスの契約を行なう時には自分達が快適に仕事をするのにいい環境を選ぶ事が重要ですが、それだけではなく顧客の事を考えて立地も意識したい所ですね。

レンタルオフィスを契約する時には配慮しないといけない事はたくさんあります。

レンタルオフィスの活用例について

大阪のレンタルオフィスの活用例をじっくりと見極めることによって、短期間のうちに魅力的な物件を見つけることができます。

現在のところ、見学会などのサービスが充実している不動産会社の数が増えてきており、いざという時に備えて、アフターサービスの内容が充実している業者にお世話になることがコツとして挙げられます。また、大阪のレンタルオフィスの契約プランの選び方について迷っていることがあれば、まずはいろいろな立場の人の体験談に目を通しておくことによって、忙しい生活を過ごしている人にとって、便利な情報を得られます。

メニュー

TOP   梅田賃貸   賃貸大阪   投資用の賃貸マンション   レンタルオフィス   レンタルオフィス大阪   不動産をリノベーション   24時間レンタルオフィス   賃貸事務所   賃貸オフィス

初期費用を不要とするレンタルオフィス

何よりレンタルオフィスの魅力は初期費用にあるという意見が多い様ですが、初期費用は不要となっている場合もあれば、必要な場合もあります。初期費用が必要なレンタルオフィスの場合には、その中にどんな費用が含まれるのかという事を確認しておきましょう。

イニシャルコストがかからないレンタルオフィスであったとしても、ランニングコストが高く設定されているという事も考えられます。また、レンタルオフィスに引越しをする際には、大きな家具は必要ないとしても、備品などは必要になる事もあります。レンタルオフィスの初期費用については、安いかどうかという事だけではなく、更に詳しい事について確認しましょう。

レンタルオフィスのインターネット回線契約について

東京を始めとした首都圏や大阪府を中心とした関西地方にいくつもの拠点を構えている、レンタルオフィスを紹介している不動産会社があります。

この会社では様々なサービスを実施している物件を提供していますが、そのなかでも近年注目を集めているのが、インターネットの回線契約が備え付けられているレンタルオフィスです。これによる最大のメリットは、無料でインターネットを利用できるという点です。

またこのレンタルオフィスではWi-Fi通信も可能となっているため、無線LANを用いて、スマートフォンやタブレットでインターネットを利用することもできるのです。

レンタルオフィスを借りるメリット

大阪や東京などの都市部では、レンタルオフィスと呼ばれる新しい形態のオフィスが登場し、注目されています。物件探しをし、借り主として物件の賃貸をおこなうのではなく、スペースで分けられた物件のスペースを借り、他者とシェアするものです。

レンタルオフィスの共有スペースでは、簡単な商談、ミーティングができ、無料の飲み物サーバーや雑誌が置いてあることもあります。

若年層のビジネスマンを中心に、勉強会、交流会、講演会を開催して切磋琢磨しあっているケースも見られます。机、椅子などがレンタルできることも多く、事務所開設にあたっての初期費用をレンタルオフィスであれば低く抑えられます

レンタルオフィスの期間はどれくらいなのか

レンタルオフィスが、流行っているのはご存知でしょうか。とくに大阪や東京などの大都市で、流行ってきています。

レンタルオフィスの一番の特徴は、なんといっても手軽さです。賃貸オフィスを用意しようとすると、登記登録などいろいろな手続きがありますし、費用も高くつくのでとても面倒ですが、レンタルであれば、そのあたりの面倒な手続きが一切ありません。

レンタルなので、必要が無い時には借りなくて良いので、?忙期中だけとか、会議中だけとか選択できます。レンタルオフィスなら数時間の時間貸しから、数カ月単位の貸し出しなど、選択しもたくさんあります。

上手く活用できるレンタルオフィス

東京や大阪を中心に、全国では貸事務所を貸し出すレンタルオフィスが数多く存在しています。事務仕事などの作業をおこなうときには、机や椅子などの設備はもちろん、固定電話やインターネット環境なども必要となる場合が多いです。

月々の契約や年間利用によって、ウェブサイトなどから手軽に契約でき、自分のペースで仕事を行う方などにとってレンタルオフィスは重宝されているサービスでもあります。

さらに、電話受付代行などのサービスが兼ね揃えられている場合も多く、駐車場の有無などの周辺環境にもこだわることができるため、働き方と同時に、レンタルオフィスであれば働く場所も自由に選べます。

レンタルオフィスは現代的

レンタルオフィスは起業する人にとって経費を抑えられるメリットがあり、今の時代の象徴ともいえる存在です。土地を買ったり建物を建てたりするだけでも起業資金の大部分を使うことになりますから、起業家にはかなりの負担となってしまいます。そのため初期費用を回収しようと短期的な業績を求めてしまい、赤字が続けば倒産してしまうという件も多数耳にします。

レンタルオフィスを使用すれば起業家の負担が減るため、余裕を持って長期的な視野を持った仕事ができます。業績が軌道に乗ってから、土地を購入したり建物を建てたりしても遅くはありません。

今の時代、いかに経費を抑えて黒字化していくかが起業家の課題となるでしょう。

低コストで起業するにはレンタルオフィス

レンタルオフィスには、机や椅子のオフィス家具や電話、コピー機などのオフィス家電が用意されています。それらを全て揃えようと思うと、多額な初期費用が必要となります。

この初期費用を低コストでおさえることができて、買い揃える必要が無いので、すぐに業務を始めることができます。郵便物受け取りサービスや電話代行サービスを行なっているところもあるので、人件費もおさえることもできます。また、似たようなサービスであるシェアオフィスと違い、レンタルオフィスは個室スペースになっているので打ち合わせや会議などの守秘性の高い作業も問題なく行うことができます。

起業家に最適なレンタルオフィス大阪

会社の業務に必要な椅子や机、情報機器などを備えたオフィスを、賃貸借契約として借りるよりも、はるかに低いイニシャルコストで借りられるのが、レンタルオフィスです。

サービスの違いでいろいろなタイプに分類できるので、近年起業家の間でも利用者が増えているといわれています。個人で起業をスタートさせるためには、費用を極力抑えることが大切です。

立地場所が良ければ高い賃料になってしまうので、レンタルオフィス大阪を利用するのです。一等地に建っていても低価格で借りられるため、ビジネスに最適な環境といえるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスで自粛でも大阪でレンタルオフィスを借りる

新型コロナウイルの流行で世の中の会社は自粛ムードでほとんど営業できていない状態です。当然ですが、大阪のレンタルオフィスでもシェアオフィスやコワーキングスペースを利用する方は減っているでしょう。

これは危ないといっているのではありません。今はSTAY AT HOMEなので事務所として利用している方がシェアオフィスやコワーキングスペースを利用していないということです。

でも、1人の個室のレンタルオフィスならほとんど人に合わずに作業ができます。そうすると仕事もできるはずです。世の中には反発したことになります。

テレワークしろって怒られるでしょうが、家でできない方は仕方ありません。家でどうしても仕事ができない方は一人用の個室のレンタルオフィスで仕事をするのもいいかもしれません。

誰にも仕事を邪魔されずに仕事ができます。人と会わないし、人と面と向かって話したりもしませんから新型コロナウイルに感染するリスクは低いでしょう。

今こそ、みんなに差をつけたいなら仕事をするしかありません。みんなが仕事のペースを落としているからこそ、仕事をしましょう。今なら出し抜けるかもしれません。